不動産売買で業者に支払う仲介手数料の上限の計算方法

###Site Name###

不動産の購入や売却を行う際は宅建業者と媒介契約を結んで希望者を募るようにしている人が多いですが、宅建業者を間に入れて不動産売買を行う場合は、売買契約締結後に必ず仲介手数料を支払わなければなりません。

この仲介手数料は宅建業者が任意に決めることができますが、宅地建物取引業法によって上限となる金額が決まっています。


仲介手数料の上限は不動産の売買価格によって決まっており、売買価格が200万円以下の場合は価格の5パーセントに相当する金額に消費税分を上乗せした金額、200万円超400万円以下の場合は価格の4パーセントにあたる金額に消費税額を加えた金額、400万円超の場合は価格の3パーセント分に消費税分を足しあわせた金額となっています。

実際に仲介手数料の上限を算出する場合は、売買価格をこの3つの区分に分けて計算し、最後に合算します。

例えば、取引をした不動産の売買価格が5000万円だった場合の仲介手数料は、200万円の部分に関しては10万8000円、200万円超400万円以下の部分に関しては8万6400円となります。

豊田市の新築の最新情報を紹介しています。

そして、400万円超の部分を計算する場合は残りの4600万円の部分に3パーセントを乗じて消費税分を加えます。



この結果は149万400円となります。



以上から、仲介手数料の上限は168万4800円となり、媒介契約を結んだ不動産業者が仲介手数料を請求する場合は、この金額を超えないようにしなければなりません。